高齢出産と流産の危険性・・・関係とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産と流産の危険性・・・関係とは?

高齢出産では、とても悲しい事が起こってしまう恐れがあります。

それは、危険性として高い事なのですが、無事に出産する以前に流産してしまう事なのです。

勿論、初期段階で20~30代前半の妊婦さんであっても、流産してしまう事例もありますので、特別に『高齢だから・・・』という訳ではありません。

しかし、35歳を過ぎた頃から割合的に高くなってしまうのです。


女性(母親)は、妊娠し出産を控えている妊婦さんが流産という悲しい現実に陥ると、辛い思いを精神的に自己責任をして置き換えてしまいます。

でもその様な事はありませんよ!

思い詰める事をあまりしない様にしましょうね。

また、、多くの高齢出産を控えている妊婦さんは、妊娠中にも働いている事ある為、尚更『流産してしまったのは仕事をしていたからだ・・・』と多くの方が自分を責めてしまう様です。


確かに、とても悲しく辛い出来事なのですが、35歳と過ぎた方が妊娠後に流産してしまう原因として挙げられているのは、胎児自信の『染色体異常』になる確立が高くなってしまう事なのです。

この事から、母親のせいでは決してありませんし、予防する事や予知する事も出来ない為、仕方のない出来事なのです。

1人で自己責任だと思い、辛さや悲しみを抱え込まずにこの出来事を夫婦2人で分かち合い、そして乗り越えていく必要があります。

よくパートナー(旦那様)を話合い、そして生活をする事が大切です。

高齢出産でリスクを避け、快適な妊娠・出産をするためには?


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.