高齢出産だと何故ダウン症になり易いのか? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産だと何故ダウン症になり易いのか?

多数、高齢出産の危険性が挙げられていますが、その中でも高い割合でダウン症の子供が産まれてくるという事があります。

確かに、割合的には2000人中に1人程度という低い割合の20歳未満の方から見ると、400人中に1人の35歳高齢出産の方や30人に1人の45歳以上の高齢出産の方という様に、年齢を重ねる度にドンドン高い確率になっていきます。

皆さんの中では既に知っている方もいるかとは思いますが、ダウン症とは一体どの様な物なのか知っていますか?

常染色体の21番染色体が1本だけ多いという事から発生するのが、ダウン症になります。

この要素は、遺伝的なものではなく、殆どが偶然に物事が起きてしまうと言われています。

また、可能性として合併症(心疾患等)を引き起こしてしまう事や、顔つきも独特で、知能発育や運動能力が遅れる等が、ダウン症の症状として出てきています。

そしてダウン症の子は少し前迄、命が短いという現実的にとても悲しい事実が多かったのですが、現在では医療も進歩している為、確実に寿命は伸びています。

高確率で高齢出産の方の子供が、ダウン症になってしまう理由は何なのでしょうか?

それは、女性自身が年を重ねる事によって、どうしても逃れる事が出来ないと言われている、卵子へのダメージが原因と言われています。

女性の体の中に卵子はありますが、この卵子は元々昔から体内に存在している物ですので、妊娠を希望した時だけに排卵するものではありません。

体内にずっとあり、排卵を持っている卵子が、長い年月が経ってしまうと、言葉は悪いですが老化してしまいます。

その為、高い確率で高齢出産の方のお子さんが、ダウン症になってしまうという訳なのです。

高齢出産時代の障害児リスクをなくす


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.