高齢出産の方の出産前検査とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産の方の出産前検査とは?

高齢出産では、危険性として高い可能性でダウン症の子供が産まれてくる事が分かっています。

ただ今現在では、事前に検査を出産前に行い、ダウン症であるかどうかを調べる事が出来るのです。

しかし、検査には危険性も伴いますので、倫理上問題からは賛成と不賛成等相対する二つの意見があるのですが、高齢出産(35歳以上)の方や、遺伝性によってその要因がありそうな方等は、出産前に産婦人科医から検査を勧められる事があります。


一般的には、赤ちゃんに異常があるかを検査する方法としては、超音波検査や血清マーカー検査、絨毛検査や羊水検査等があります。

超音波検査や血清マーカー検査は、別名スクリーニング検査と呼ばれており、特定の病気があるかを可能性として調べる検査です。

一方絨毛検査や羊水検査は、別名確定検査とも呼ばれており、検査結果が正確に出る方法となっています。

この中で、高齢出産の方が羊水検査等を行い、ダウン症等が結果として見つかった場合、家族としてはどうしたら良いのかが問題となってしまいます。

何故なら、家族の間で検査結果を聞いてから、中絶を考える方もいるからなのです。

その事から、検査を出産前に行う事が問題視されており、議論も色々と行われているのも事実としてあります。

多くの高齢出産の方は色々な検査で調べる方もいますので、夫婦で『出産前検査を受けるのか?』また『思いもよらぬ結果が出た時はどうするのか?』等を、話合いでよく考えておく必要がとても大切になってきます。

色々と考えた上で、検査等を受けることをお勧めします。

高齢出産時代の障害児リスクをなくす


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2018 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.