妊娠中毒症になり易い高齢出産の方 ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

妊娠中毒症になり易い高齢出産の方

高齢出産の妊婦に限っている訳ではなく、妊婦全てが対象となる妊娠中毒症ですが、とても注意が必要で、生活自体を規則正しく送る事がとても重要です。

妊娠中毒症の一般的に言われている症状とは、蛋白尿や高血圧、浮腫みです。

これらの検査は、検診に行く度に行われている項目となります。

妊娠中毒症は、若い20代の妊婦の方でもなる可能性があるのですが、若い人に比べて高齢出産の方の割合が、倍近くになってしまいます。

その為、注意は特にする必要があります。

ちなみにこの症状は、太り過ぎの方が出易いと言われてますので、体重を妊娠前に落とした方が良いとも言われています。

しかし、既に妊娠してしまった場合には、体重増加を抑える様にしましょうね!

安心出来る予防法としては、キチンとした食生活を考えながら摂取しする事に心を配りましょう。

また、食材本来の味が楽しめる様に、塩分控えめ・薄味の配慮をすると良いでしょう。

妊娠中毒症の中で特に注意が必要と言われている事は、高血圧になる事です。

血圧は、年齢と共に高くなる傾向があると言われておりますので、高血圧に高齢出産の方がなり易いとも言われています。

高血圧予防にお勧めなのは、ゆっくりとした生活を送り、疲れは溜めない様に心掛ける事が大切です。

多くの高齢出産の方は、妊娠後期まで勤めている方もおり、中々疲れが摂れないと言った事もあります。

しかし、これから産まれて来る赤ちゃんの為に、第1に体調の事を考えて体を休める様に心掛けて下さいね。

最も妊娠中毒症になる方が多いのが、妊娠28週目以降と言われています。

危険性として早産になる恐れがありますので、産婦人科医の指示に従って、生活スタイルを見なす様にして下さいね!


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.