2人目を高齢出産であっても欲しい!! ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

2人目を高齢出産であっても欲しい!!

第一子を35歳以上で妊娠した人は、高齢出産する前は『1人っ子でも良い』という考えがある様ですが、出産をいざしてみると、我が子の可愛さや育児の楽しさ等が身近に感じる事が出来てからは、多くの方が『もう1人産みたい!』と思う様です。

多くの女性は、『将来自分が育てる子供は2~3人』と理想を抱いている様ですが、結果的に第一子が高齢出産だった場合には、たくさんの方が『体力的にも無理だろう』を諦めがちになっています。

しかし、2人目の分娩時間は初産に比べると短く済み、慣れているという事も有る為、精神的・体力的にも楽になります。

その為、あまり出産をする時の体力面では、心配する必要はないでしょう。

逆に、多くの方は高齢出産後の体調に気を使い、日々の生活で体力を付けて行くという準備をして、2人目以降の出産を迎えている場合もあります。


ただ、漠然と『2人目は何時か欲しい』と高齢の場合に考えていては、いつの間にかタイムリミットが来てしまいます。

ですから、計画で最初から2人目が欲しいという方や、子育てを出産後している内に『もう1人欲しい』と思った方は、計画しつつある程度の準備を整える事は、とても重要になってきます。

その為には、よく夫婦で話合い、計画的にもう1人授かる喜びを分かち合える様にしましょう!


この事からも分かるかと思いますが、高齢出産で第一子を産んでしまったからといって諦める事無く、年齢的に出産出来るのであれば、協力を夫婦で惜しむ事無くし、そして産婦人科医の指示に従いながら生活をしていく事をお勧めします。

高齢出産 リスクを避け、快適な妊娠・出産をするためには?


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.