高齢出産費用は高額になる?? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産費用は高額になる??

結構な金額が、妊娠から出産する迄の費用が掛かりますが、特別に高齢出産だからと言って高額になる事はありません。

一般的な相場は、30~60万円程となりますが、出産費用幅は産院によってとても大きくなっており、出産後を個室にするのか、相部屋にするのかでも、とても費用面では差があります。

勿論、分娩方法(自然分娩・帝王切開)でも大きく費用が変わって来るのですが、緊急を要する場合や逆子だった場合等もある為、ある程度計画し費用を計算していたとしても、思い通りにはならない事が多いのです。

超音波検査を35歳以上の高齢出産の方は、無料で行う事が出来るのですが、毎月の検診費用は出産する迄掛かる事になり、3000~6000円程(1回の検診料)になります。

何も問題な無ければ、計算上では50000~60000円となるのですが、危険性のある妊娠中毒症等を高齢出産の方が発症してしまった場合には、検診に行く回数も増えてしまい、費用も増えてしまう事になります。

今は、色々な分娩方法がありますので、事前に『自分がどの様なスタイルで分娩を行いたいのか?』『どの位の費用が掛かるのか?』等を調べておく必要があります。

そして、事前に出産後は個室か相部屋かは分かりますが、赤ちゃんが生まれる時間帯は何故か夜や夜中、早朝等が多い事から、殆どの産院では休日・深夜料金等が掛かりますので、費用は少し余裕を持って準備しておいた方が良いでしょうね。

今では、自宅出産や助産インでの出産等の方法がありますが、高齢出産の方は高い危険性がありますので、ある程度設備の整った病院(産院)での分娩をお勧めします。

また、出産後に家に帰ってきたら直ぐに必要な赤ちゃん用品や、出産した時に頂けるお祝い返し費用等も考えて計算し、準備しておくと更に良いでしょうね。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.