高齢出産の基礎的な知識とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産の基礎的な知識とは?

医学上、高齢出産は35歳以上の方を対象にしており、追加検査も色々される様になっています。

しかし、その年齢(35歳)というのが、特に理由があって定められたものではありません。

そして、35歳という年齢を超えたからと言っても、急激に色々な問題がその年から出るという訳ではなく、気を付けなければならない事が、30歳過ぎから増えていくので、注意しましょう!という意味なのです。


以前は、初産で35歳以上の方を高齢出産と読んでいたのですが、経産婦の方でも今では同じ様に呼ばれ、細かい検査(妊婦検診・羊水検査)が行われる様になりました。

そして、結婚年齢も昔は早く、とても20代で出産する方が多かったのですが、今では女性の社会進出や晩婚化により、とても多くの女性が高齢出産になってきました。

また、昔は万全な医療体制では無かったので、妊娠や出産を30代以降ですると大きな危険性を伴うものとして世間一般では知られており、今現在でも根強くその様な情報は残っています。

しかし、高齢出産をする方の人数が増えた事により、サポート体制も医師が確立してきましたので、高齢出産では起りえる合併症や妊娠中毒症を防ぐ技術も出来る様になり、出産を安心して出来る様になりました。

危険性だけが思い浮かんでしまう言葉でもある『高齢出産』ですが、色々と良い面もありますので、過剰な心配をする事なくゆったりとした気分で妊娠中を過ごす事が重要です。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.