男性陣から見た高齢出産とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

男性陣から見た高齢出産とは?

女性が妊娠する年齢が35歳以上という事で思い浮かぶ言葉が『高齢出産』ですが、女性だけではなく男性の精子も色々な影響が、年を重ねる毎に出てくるのです。

色々な危険性が、妊娠・分娩で高齢出産では起る高い可能性があるのですが、それは卵子のダメージが年を重ねた事によって起るとも言われています。

それと同様に、男性も年を重ねた事によってダメージを受けている精子にも言える事なのです。

高齢出産になってしまった多くの理由として、赤ちゃんが欲しいと思っているにも関わらず中々授かる事が出来ない場合があります。

原因で女性だけのせいになっている事があるのですが、男性側にも多々原因があります。

女性ホルモンは、年齢を重ねる事により減ってしまうのですが、男性も同様に年齢を重ねる事により、ホルモン老化が進み、精子を元気な物として作る事が出来なくなってしまうのです。

年齢が2人共35歳以上の場合と、どちらかが若い場合では、状況的に分かってくるのですが、2年以上妊娠を希望していても赤ちゃんが授からない場合には、原因が夫婦のうちにどちらかにある可能性もあります。

その場合には、妊娠を本当に望んでいるのであれば、出来るだけ進んで検査を受ける事をお勧めします。

何も検査をせずに、結果的には高齢出産となってしまう多くの事例もあります。

何故か、女性側にそうしても原因がある様に思われており、多くの男性は検査を受ける事自体に抵抗感がある為、病院へお互いに協力して行くという方々は、現状的にまだ少ない様です。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.