『超高齢出産』って何だろう?そしてその方法は?? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

『超高齢出産』って何だろう?そしてその方法は??

35歳以上の方が高齢出産と一般的には言いますが、では『何歳まで上なら?』という明確に限定する事はありません。

妊娠可能な女性の年齢とは、閉経前の卵子が排卵されている事が前提ですが、妊娠・出産を閉経後には考えられない事になります。


『超高齢出産』という専門的用語が、ここ数年作られています。

これは、閉経後の50歳以上の女性の妊娠や出産を示している言葉なのです。

通常、女性は閉経してしまったら排卵が行われないので、妊娠する事は全く考えられないのが普通です。

でもそれが、現代医療の進歩により出来る様になりました。


どの様にするのか気になりますね?

あまり日本では超高齢出産をする方はいませんが、卵子・精子の凍結出来る技術発展により、閉経後の女性に人工ホルモン注射打つ事で、赤ちゃんを産めるという訳なのです。

この様な方法を使って、海外では妊娠・出産をする事例が、よくニュースで紹介されています。

色々な理由があって、50代での超高齢出産を行うかと思いますが、『賛成』『反対』の意見が日本や海外でも話題としてなっており、注目をあびています。

とても多くの危険性が、妊娠確認されてから出産迄伴い、しかも産後育児等にも支障をきたす恐れもありますが、『子供が欲しい』と望んでいるたくさんの人にとっては、『50代でも大丈夫』という事で、希望にも繋がるかと思います。

高齢出産 リスクを避け、快適な妊娠・出産をするためには?


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.