色々な高齢出産に伴う割合とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

色々な高齢出産に伴う割合とは?

色々な危険性が高齢出産には伴いますが、出産を20~30代前半でする場合と割合的にどの位違ってくるのかを知る事もとても大切な事になってます。

理由の一つとして、医療発達が思わしく無いという事もありますが、現在と比べてものにならない程、あまり女性が社会進出を果していなかった昔の30代後半での出産割合は少なかったのです。

こちらでは、それぞれの割合について、少し話させて頂きますので、是非参考にしてみて下さい。


1.会社での地位を女性が確立し、医療発達して来た今現在では、35歳以上で出産している方が10人に1人の割合になります。

2.妊娠中にはとても、浮腫み等の妊娠中毒症にならない事が重要となりますが、結果的に若い方に比べ1.8倍という数字が高齢の方には出ています。

3.割合的に、自然分娩ではなく帝王切開になる確立も高くなっており、産婦人科医も高齢出産という理由のみで、帝王切開を勧める割合も多くなっています。

4.悲しい事ですが妊娠には流産という事も考えなくてはなりません。

若い方の妊娠であっても、割合的に10人に1人の確立でなってしまう恐れがあるのですが、この割合自体が高齢出産の方は、現状的に高くなっているのです。

5.赤ちゃんにはとても栄養がある母乳育児の割合も、高齢出産の方が低くなっています。

しかし、これは『母乳が出ない』とことではなく、育児を働きながらしている方が多い為にこの様な結果が出ている様です。

6.35歳過ぎの妊娠では、ダウン症の子供が生まれる確立も高くなってしまいます。

その為、多少リスクを伴ってしまう、羊水検査等で確認をする方もいます。


この様に、高齢出産では割合が色々と高くなってしまいますので、よく夫婦で話合い、万全な体調管理の上にお産を安心出来る事が出来る様になっています。

高齢出産時代の障害児リスクをなくす


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2018 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.