高齢出産になってしまう理由とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産になってしまう理由とは?

高齢出産になってしまった理由は、主に2つのケースがあります。

20代頃には結婚をしたにも関わらず、子供をあえて作らずに30代後半で産みたいという選択をしたケースと、既に結婚した年齢が30代後半だった為、高齢出産に自然となってしまうケースです。

一般的にも、高齢出産の危険性は知られているはずですが、自分からあえて選ぶ人が増しているのが、疑問に思う方もいるでしょうね。

しかし人それぞれ理由はあり、まだ自分が会社での可能性を試したかったり、夫婦2人だけの時間を大切に考えていた等があります。


今の社会状況から考えてみると、女性が出産をする場合には、産後職場復帰する事が難しい状況となっており、必ずと言っていい程会社を退職しなくてはならない状況へ追い込まれてしまうのです。

やっとの思いで、自分が希望する企業や職種に就けたにも関わらず、出産後に退職しなければならないという事は、とても女性にとって辛い事です。

この様な状況から、『今しか仕事が出来ないけど、まだ出産タイムリミットは有る』という事で、高齢出産をあえて選ぶ方が増えてきました。

しかしその反面、今まで積み重ねてきたキャリアを、出産度も活かして再就職も良い方向へ進み、仕事と子育てを両立している方もたくさんいます。


日本では今現在、残念な事に出産をしてから仕事復帰する事は、厳しい状況なのです。

その為、選択肢として『高齢出産を仕方なく・・・』という事が、今の現状かもしれません。

しかし、これから制度が変更になっていく事で、変化が出産年齢にも出てくる可能性もありますね。


是非、これからの制度改革に期待しましょう!


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.