高齢出産の年齢基準とは? ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産の年齢基準とは?

1992年以降、初産で35歳以上の方を高齢出産を指していますが、昔は30歳以上の方を言っていました。

この理由としては、出産に伴う危険性にも対応出来る技術の進歩や、現代の医療進歩によりやはり寿命が延びた事によって、年齢引き上げを30歳から35歳にした様です。

様々な危険性が妊娠中や出産時に生じる可能性が、35歳を過ぎると高くなる為、意味合いで区別しやすい様に、高齢出産と呼ばれている様です。

20代の人であっても難産になったり、40歳を過ぎても安産の方も確かに居るため、一口には言い切れません。

しかし現実的な可能性としては、やはり高くなってしまうという事は残念な事に確かな様です。


35歳を過ぎてしまうと、多くの方が不安を抱く様になります。

例えば、妊娠する可能性も低くなったり、妊娠したとしても流産の危険性やダウン症のお子さんを身ごもってしまったりという危険性です。

高齢出産を昔した場合には、あまり医療技術も向上していなかった事から、リスクがある物となっていた様です。

しかし、とても現代医療は安全性が高く、何の問題も妊娠中に無ければ、普通に分娩も行われている場合がほとんどです。

これからは、ますます医療進歩が社会的に進み、長い寿命も期待出来ると予測されますので、今までの高齢出産の年齢も引き上げられていくと考えられています。

日本での高齢出産最高記録は、現在60歳となっていますが、この年齢を超える出産もこれからがある事でしょうね。

高齢出産時代の障害児リスクをなくす


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.