高齢出産を40代で迎えるには・・・ ~ 40代のための高齢出産ガイド


main_top

高齢出産を40代で迎えるには・・・

女性の中でも、35歳以上で妊娠・出産をする方が高齢出産と言いますが、本人の気持ちとして、30代後半と40代に入ってから出産するのでは違いがある様です。

大きな差を若い人でも29歳と30歳で感じるのと同じ様に、気分的に39歳と40歳でも大きな差があるのです。

子供が欲しいと40代に入った人達が望んでいても、『夫婦2人でこれからの人生を生きて行こう!』と、多くの人が心の何処かで諦めているかと思います。

しかし、妊娠の可能性はまだあり、とても多くの人が40歳を過ぎても高齢出産しているので、諦める事なくいるのがとても重要です。

確かに、確立的に流産という悲しい出来事になってしまうのが高いのが40歳代の妊娠です。

そして、羊水検査等で染色体異常が見つかる可能性も上手く妊娠しても、高い確率で若い方よりはあるのが事実です。

その為、染色体異常検査を行った事により、悲しい事柄(流産)になる場合も有る為、よく夫婦で話し合っておく事が必要となります。

主に、40歳以上の高齢出産には、帝王切開手術での出産が多いと思われがちなのですが、自然分娩で半数程度の方が赤ちゃんを無事に出産しています。

万全な体調であっても、出産方法は医師の判断によって決まりますので、強く自然分娩を望んでいる場合には、その様な病院を探して医師とも相談する様にしましょうね!


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2019 40代のための高齢出産ガイド All Rights Reserved.